03 17 2007

Football Money League その2

Published by at 1:05:37 under Barcelona/Deco,Europe Football

デロイト社から発表されている『Football Money League 2007』資料に関するエントリーの続きです。よろしければ、前のエントリー(『新天地とFootball Money League』)を先にお読みください。

前のエントリーにコメントでもいただきましたが、確かに私も売上だけでクラブの順位を決めてしまうことには物足りなさも感じます。
報告書本文の中にはちょこちょこ、負債やプロフィットの数字も出てきますが、売上に比べて、すべてのクラブから情報を得ることが困難なのかなあとも思っています。(特に中堅、小規模クラブなど)
あと、競合の比較って私もやったことありますが、対象が同じ切り口になるようあっちこっち数字を調整するのが、ほんとにめんどくさいんですよね・・・。

05/06シーズンのランキングはこちら。

ランキング

バルサは前年の6位から一気に2位までアップ。
リバプールは04/05のCL優勝から、ベスト16で敗退したのもあって、2ランクダウン。売上自体も昨年よりはマイナスです。
リバプールとプレミア、またJリーグの経営資料ついてはまた日を改めて(来週かな)

まずは他のクラブから見ても、おそらくエクセレントな経営モデルであり、模倣すべき部分も多いと思われるバルサについて。
ちょっと長くなりますが、ジェフにとっても参考になるところがあると思うので、だらだらと書いてみます。

バルサは、報告書の後半にトピックとして取り上げられるほど、その成長は著しいものがあります。

他のトップ10チームが01/02からの4年間で、年平均成長率が10%前後であるのに対し、バルサは17%(マドリーは18%)
リバプールに至っては3%程度。横ばいの続くマンUは1.5%

特に02/03からの3年間は、ラポルタ会長以降の改革の結果が顕著に数字に現れています。

02/03の時点で123.4Mユーロだった売上は、3年後の05/06には259.1Mユーロ。ラポルタ以降の3年間の年平均成長率は28%強。
営業利益は02/03の6.7Mユーロから3年で154%アップの17Mユーロ。

05/06の売上比率はそれぞれ、入場料収入30%、放送料収入36%、商業収入34%とバランスも非常に良いです。

入場料収入の内訳は、メンバーシップ、シーズンチケット、デイチケットで、ご存知の通り、ソシオと呼ばれるメンバーシップは3年前の105,000から、06年終了時に130,000。そして現在では155,000になろうとしています。
(昨シーズンのクラシコで125,000の人文字やってましたねー)

シーズンチケット数は現在は85,000人。(06年終了時で73,000人)
値段はラポルタになった時に一度上がりましたが、以降は物価上昇率程度の変動で、一番高い席で900ユーロくらいだそうです。(ジェフシートとそれほどかわんないじゃん!)
リセールというシステムがあり、スタジアムへくる事が出来ないシーズンチケットホルダーは、そのシートをリセールに出すことができます(先日私が買ったチケットもそれです)
こうして常に席の稼働率をあげているのですね。

放送料収入はイタリアをのぞくと一番高く、また、商業収入もユニフォームスポンサーであるナイキとは、他チームにないビジネスパートナーシップを結んでいます。ナイキと50/50のジョイントベンチャーをつくり、バルサグッズのすべてのオペレーションをまかせる契約を結んでいるそうです。

こういうことを書きながら、ジェフも見習うべき点がいろいろあるようなあと思いました。

まずは入場料収入。
地道でありますが、やはり売上をあげていくには一番クラブの努力が出やすい部分だと思います。
シーズンチケット、ファンクラブ会員への特典、注目薄カードに対する集客イベント&試合告知活動。
昨年の観客動員数はリーグで227,680人(1試合平均13,392人)、ナビスコが38,904人(決勝の分配は不明)トータルで266,584人。できることなら、今年はこれを越えるようなんとかがんばりたいところなのですが・・・。

また、新たなユニフォームスポンサーとなったkappaとのビジネスパートナーシップも確立しなければいけません。ユニフォーム欠品とか、そんな売り逃しはやめようぜ。orz
とかく伝統的に殿様商売なイメージのジェフなので、もっとプロアクティブにビジネスに関わって、スポンサーとはいつもwin-winの関係を保ってほしいものです。

・・・ああ、書ききれない。
さらにその3に続く予定。(たぶん)

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply