12 07 2006

柳家三三独演会

Published by at 23:38:45 under Music/Play/Rakugo

舞台

昨夜は浜松町の文化放送内にあるメディアプラスというホールへ、柳家三三(さんざ)くんの独演会を聞きに行ってきました。
昨年の夏に新宿の末広亭で、当時まだ二つ目だった三三くんの噺を聞いて以来、すっかり彼のファンです。
とにかくうまい。今年、真打ちに昇進したのですが、若手の中では一番の正統派の落語家さんだと思います。
小三治のところの弟子なのですが、立川談志も彼がお気に入りらしく、7月に見に行った『談志一門会』では、なぜか一門でもない三三くんがゲストで呼ばれたりしていました。
そのときは三三くんが『五目講釈』、志らくが『お七』と互いに一歩も譲らぬ熱演ですごく面白かったです。(談志が今にも死にそうだったのが心配でしたけど)
演目

昨夜の演目は『鰍沢』と『宿屋の仇討ち』
『鰍沢』は三遊亭円生のテーブを聞いたことがあったのですが、この笑いどころの少ない噺を、その語りだけで客を最後までひっぱっていくなんてすごい力量だと思いました。
『宿屋の仇討ち』はうって変わって軽快に、『鰍沢』のエピソードで笑いを誘いながら楽しませてくれました。
とにかく見るたびにうまくなっていくのがはっきりとわかるので、しばらくは三三くんから目がはなせそうにありません。

2 responses so far

2 Responses to “柳家三三独演会”

  1. じゅんじゅんon 08 12月 2006 at 23:47:32

    はじめまして。ジェフサポです。
    サッカー好きになって、まだ四年なんで、サッカーの見方がまだまだ素人。
    ジェフサポさんのブログで、勉強してます。

    で、私も落語好きなのであります。落語は、実はサッカーより先に好きになって、誰が好きって、三三さんのお師匠、小三治様のファンなのです。三三さんは、小三治独演会のとき、よく前座さんをやっており、その頃から、「若いのに、年寄りくさくてうまいよなあ」と秘かにお気に入りではありました。今の私は、小三治師匠、喬太郎さんを中心に観ているのですが、
    サッカー観戦したり、映画も観たり、飲んだりで、なかなか寄席にいけないところが、きびしーーーー今日この頃です。
    フクアリで、春風亭正朝さんの独演会が季節ごとにあるじゃないですか。あれも行きたいんだけど、ジェフ戦以外のフクアリは、遠くて遠くて・・・。いけそうにもありません・・・・。

  2. kamecaveon 09 12月 2006 at 11:43:39

    >じゅんじゅんさん、
    初めまして。コメントありがとうございます。
    三三くんがお気に入りのジェフサポの方が私以外にもいらっしゃって、すごーくうれしいです。

    >若いのに、年寄りくさくてうまいよなあ
    あ、ほんとそうですよね。全く同じ印象です!

    笑う門にもフクアリ高座も時間があわなくてまだ行ってないのですが、いつか行ってみたいですね。確かに試合以外のフクアリは遠いですけど。

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply