Archive for the 'SCP/Krupnikovic' Category

06 27 2008

クルプニ、現役引退

Published by under JEF United,SCP/Krupnikovic

パダボーン公式には発表はありませんが、クルプニコビッチはパダボーンとあと1年契約を残したまま、07/08シーズンで選手生活にピリオドを打ったようです。

上記、レギオナルリーガのニュースをメインで扱っているサイトに、パダボーンの新規加入、移籍リストが掲載されており、その中で、クルプニはレーベと共に引退となっています。

今後、どうするんでしょうねえ。
子供がハノーファーのジュニアユースにいるので、このままハノーファーに住むのかなあ。ご両親はベオグラードにいるから、戻るという可能性もあると思うけど・・・。
 
心配していたら、Bildに少しだけ記事が出ました。

これからコーチライセンスを取って、指導者の道に進むそうで、しばらくはハノーファーとベオグラードを行ったり来たりするようです。

クルプニ、本当にお疲れさま。いろいろありがとう!

RWエッセン戦での鮮やかな左足FKと、ジェフ時代のジュビロ戦CKでのゴール裏へのあおりと、セレッソ戦での初ゴールと、いつもどこかチームから浮いた存在だったプレーっぷりは忘れられません。(ほめてるのか!?)
クルプニ2世の名前を、近い将来、サッカーの世界で聞く日が来ることを楽しみにしています。(もちろん、指導者としてのあなたもね)

No responses yet

07 17 2007

クルプニ情報の移籍

Published by under SCP/Krupnikovic

シャルケのニュースと共に、クルプニとSCパダボーンのニュースも新しいサイトに移籍しました。

『蒼の洞窟』カテゴリー SC Paderborn 07

プニドリー

今までのところ、更新したニュースは下記の通り。
移籍先のサーバの調子が悪く、RSSがうまく作成されないので、更新情報はこちらに飛んできませんが、ニュースは随時、アップデート中です。

『SCPニュース #5 クルプニFK』
『SCPニュース #4 対ミュンスター戦』
『SCPニュース #3 新規加入選手』
『SCPニュース #2「監督インタビュー」』
『SCPニュース #1 移籍情報』

パダボーンは、まずはドイツカップ一回戦が8月5日にあります。
対戦相手はレヴァークーゼン II。リーグの開幕は8月12日です。

No responses yet

05 13 2007

ちょっとなごむ

今日は朝から相当落ち込んでいたのですが、このビデオをみてちょっとなごみました。
SCパダボーン 07のマスコット、ホリーです。
ダンケシェーン、ホリー!
(表示されない場合はこちらからどうぞ)

パダボーンの公式サイト(いきなり応援歌が流れますので気をつけて)にいくと、いつもこいつのアニメーションがお出迎えをしてくれます。
なにか飲んでいるやつとか、新聞読んでいるやつとか見ると、つい笑ってしまいます。

2 responses so far

05 12 2007

クルプニ通信その7

寝る前にパダボーン公式をチェックして見つけました。

『Strong Trio remains in Paderborn
Extensions with Krupnikovic, Djurisic and Fischer』
at SC Paderborn 07公式

クルプニが2009年まで、2年間契約を更新したそうです。
同じセルビア人のドゥスコ・ジュリシッチも2009年まで、フィッシャーも2008年までそれぞれ契約延長したようです。着々と来年度のチーム固めに入っていますね。
100年目のシーズンとなる来年は本気で昇格狙いますか!?

ホルガー監督は彼らの契約延長に前向きで、『確保したい選手については積極的に残るように働きかけて行く』と言っています。
よかったね、クルプニ(涙)

DFのブロウヴェルスはもしかしてボルシアMGからのレンタルなのかな。それとも移籍の話でもあったのかしら。
ボルシアMGが降格したことで、SCPに残る契約になっているけど、彼がもっと上をめざすのであれば、一部でプレーするべき。でも、残ってくれれば嬉しいみたいなことも書いてあります。
良さげな選手なんですよね、ブロウヴェルス(見た事ないけど。汗)

ところで、来季からツバイテに昇格してくるTSG ホッフェンハイムの監督は、元シャルケのラングニックだったんですね!
だらだらとニュース記事を読んでいて気がつきました。
うーん、来期はけっこういろいろと面白そう。ラングニックの率いるホッフェンハイムもどんなチームなのか見てみたいなあ。(やっぱこれは行くしかないっすね)

No responses yet

05 05 2007

クルプニ通信その6

金曜日に行われたフライブルク対SC パダボーンの試合は、ロスタイムにパダボーンが得点して勝ちました。
各紙でけっこう大きくとりあげられています。
というのも、フライブルクは勝てば、他のチームの結果次第で2位に浮上するチャンスがあったんですよね。
まさかの敗退って感じでしょうか。

ホルガー監督は前節快勝したアウエ戦とはメンバーを入れ替えてきた模様。
FWのクーンは関節を痛めて欠場、ミューラーはおそらくカードの累積があるので、次節のデュイスブルクとの試合に出場させるために休ませたようです。
かわって、Gouiffe à Goufan (ギフ・ア・グファン)と Schulp(ショーフ)が出場。
Schüssler(シュスラー)がいつものミューラーの位置に入りました。
ん、なんかなぞのシステムだな。3-6-1なのか?

SCP vs SCF

フライブルクがほとんど試合を支配していたみたいですが、決定力を欠いてなかなか得点できないうちに、ロスタイムにキーパーがクルプニに対してボールを失い、それを拾ったシュスラーがRöttger(ロットガー)にパス。
7メートル程度の距離をロットガーがなんなく決めて、勝ち越したようです。

いやー、ここのところ、なかなか好調なんですけど、パダボーン。
これでポイントを42と伸ばし、暫定10位。
まだ土曜日に試合がある15位のSpVgg ウンターハヒングの結果待ちですが、おそらく得失点差がかなりあるので、残留は確定でしょう。

※追記

元浦和のマリッチが所属するTSG ホッフェンハイムが2部に昇格だそうです。(→『MASA-NET』より)

来期はクルプニ対マリッチという対決もありなのかなあ。ますます楽しみです。
ちなみにホッフェンハイム昇格の模様はこちらでビデオが見られます。

『Videos aus der Sportschau』

記事見出しの中から『TSG Hoffenheim – Sportfreunde Siegen (4:0)』を探して、カメラマークをクリックすると動画ニュースになります。

No responses yet

04 28 2007

クルプニ通信その5

恒例のクルプニ通信のお時間です。

先週はGreuther Fürth(グロイター・フュルト)に0-3で敗れてしまったSC パダボーンですが、今週の対Erzgebirge Aue(エルツゲビルデ・アウエ)戦は1-0で勝ちましたー。
現時点で9位(アウエ)対11位(パダボーン)の対決。
決勝点はDFのブロウヴェルスが、クルプニのコーナーキックを頭で合わせて決めた模様。ひゃっほーい。

対アウエ戦

これから残り3試合、フライブルク、MSVデュイスブルクと続けて上位陣とあたるのですが、現時点で39までポイントを伸ばしているので、この先落としてもなんとか残留できそう。

ところで、Kickerとかを見ていると、SCPは選手よりも監督の記事がよく出ているのですが、SCPの監督はこの右の人・Holger Fach(ホルガー・ファハ)。

ホルガー監督

05/06の途中までヴォルフスブルクの監督で、SCPは今年1月より就任して率いています。
ここまでのところ、同じくらいの実力の相手にはきっちりと勝って、ちゃんと結果を残しているような気がします。
ちょっと見た目がシャーフ監督っぽいですね。
(つか、ブンデスリーガの監督って、なんでこうかっこいいおっさんが多いんでしょ)

3 responses so far

04 15 2007

クルプニ通信その4

『クルプニ情報』改め『クルプニ通信』、2週まとめてドン。

まず先週(4月6日)の試合。
対戦相手は現在2位で、首位のカールスルーエを追撃中のハンザ・ロシュトック。
アウェイゲームでした。

パダボーン(以下、SCP)の布陣はこんな感じ。やっぱり4-2-3-1っすね。クルプニは右グレーの10番です。

ロシュトック戦

残念ながら2-0と敗れてしまいました。 SCP公式によると、かなりゴールのチャンスがあったのをのがしてしまったみたいです。
アウェイユニは赤なんですね。

アウェイのクルプニ

そして、今週の試合(4月13日)は対TSV 1860ミュンヘン戦。
なんかだいぶ2部のチーム名も覚えてきました。これでマインツが降格してもツバイテの基本知識は大丈夫だわ(あああああ)

さて、私は最近はすっかりパダボーン応援モードです。なんかいい感じなんだよ、このチームもサポも。(あとマスコットもw)
youtubeにもサポが撮った映像がいくつかあるのですが、特に『Kick it like Koen』という映像がいい。
街のショッピングセンターにSCPの選手たちがやってきて、サインしたり、シュートゲームみたいなのをしたりするのですが、なんか見ているとほのぼのしてきます。
Koenというのは、SCPのフォワード、アーヴィン・クーンのことかなあ(それともかつてこの名前で在籍した名選手がいたのでしょうか)

で、TSV 1860ミュンヘン戦布陣。

1860ミュンヘン戦

DFラインに2試合ぶりにドゥスコ・ジュリシッチ(5番)が戻り、トップはミューラー。左にクーン(28番)、真ん中がクルプニ、右にベンヤミン・シュスラー(22番)ってのが、今まで見た結果の中で一番勝率が高いような気がします。

ということで、この試合3-0で勝ちました。
試合後の選手たちのさわやかな顔がいいですね。クルプニは一番右。

選手たち

次節はGreuther Fürth(グロイスター・フュルト)戦@4月22日。
広島のダバツ選手が2004-2005年に所属していたみたいです。

2 responses so far

04 01 2007

クルプニ情報その3

今週、SCパダボーンは、首位を走るカールスルーエSCとの対戦でした。
カールスルーエといえば、浦和のホストが若い頃に所属してたクラブですよね。このまま昇格したらすごく久しぶりの1部なんじゃないかな。

ということで、クルプニはまたもスタメン。そしてフル出場。
試合は1-2で、カールスルーエが勝ったのですが、パダボーンの1点は82分にクルプニがあげた得点です!

scp vs ksc

キッカーによると、パダボーンは2ndハーフはかなりゴールに迫る攻撃をしていたらしく、カールスルーエの勝利はラッキーだったと書かれています。

左足、健在。

パダボーンは次節はアウェイで2位のハンザ・ロシュトックかー。
上位チームが続きますね。

No responses yet

03 19 2007

クルプニ情報その2

私、けっこうしつこい性格なので(汗)、とりあえず自分が飽きるまでクルプニコビッチの情報を載せてみようかと思うわけでして。
だって、マリオのことは今でもみんな言ってくれるけど、クルプニのことは誰も何も言ってないじゃん。そんなのさみしすぎるー。

ということで。

日曜日の対 SpVgg Unterhaching(SpVgg ウンターハヒング)との試合に、クルプニが初めてスタメンで起用されました。
その前の試合で、後半55分から登場して、1得点1アシストを決め、Kickerで2.5というチーム一高い採点をいただいたのですから、当然でしょう!(『クルプニ、移籍後初ゴール』

ちなみに先週のエッセンとの試合、2得点目のFKがYoutubeにアップされていました。クルプニのFKをヘディングで押し込んだのは、Dusko Djurisic(ドゥスコ・ジュリシッチ)というセルビアの選手。
わかりにくいですけど、画面の向かって右側のポールがたっているあたりから、FKのボールが飛んできます。(投稿者によってビデオが削除された模様。残念)

パダーボーン(wikipediaではパーダーボルンですが、音的にパダーボーンが近い感じ)のスタジアムは映像で見ると小さいのですが、どうも新しいスタジアム建築の計画があるみたいです。(Paragon Arena

さて、日曜日の対SpVgg ウンターハヒング戦。
リバプールとヴィラの試合を見ながら、ブンデス公式のLive Tickerでチェックしていました。
ブンデス公式で見ると、ワントップで、クルプニはトップ下の4-2-3-1という布陣?(青いユニの10番です)

scp system

文字実況はドイツ語が読めないので、さっぱりわからん・・・だったのですがTor!Tor!Tor!で勝ったー。
パダーボーンは好調を維持し、3-0で快勝。クルプニは79分に交代で、Kickerの記事によると3点目の起点になったっぽい?

ブンデス公式の記録によると、クルプニのパス総数は30。
79分で交代しているので、まずまずボールには絡んでいるんではないでしょうか(なあーんて、試合を見られないので勝手な想像です)
一番パスを通しているのは、左SBのGarry De Graef(ガリー・デ・フラーフ/12番)で40。それからクルプニの30、ボランチのAndrew Sinkala(アンドリュー・シンカラ/17番)の27。

これでパダーボーンは11位です。(18チーム中)
特に先週はエッセン、今週はウンターハヒングと、降格圏内のクラブに勝ってこれらのチームにポイント差をつけたのはすごく大きかったみたい。

だんだん、私も文字実況が楽しくなってきましたー。

2 responses so far

03 12 2007

クルプニ、移籍後初ゴール

ブンデスリーガ2部のパーダーボルンに移籍したクルプニコビッチ選手は、2月11日のオッフェンバッハとの試合に途中出場してから、途中交代などでちょっとずつ試合に出ていましたが、昨日の対エッセンとの試合でようやく初ゴールをあげました。
1-1から、後半55分にピッチに入り、80分に勝ち越しゴールをアシスト。
そして3点目は20メートルくらいのFKを直接決めたみたいです。

『Krupnikovic comes, presents and meets』 at kicker(google英語翻訳後)

眠いので今日はこのへんで。
クルプニ、おめでとう!!!

あ、ちなみに派手に喜んでいるおっさんではなく、左で背中を向けている10番の選手です。
scp2

そういや、パーダーボルンもエッセンも同じヴェストファーレン州のクラブなので、きっと熱い戦いだったことでしょう。

No responses yet

Next »