Archive for the 'JEF United' Category

07 29 2008

リザとか千葉巻とか

Published by under JEF United

お、久々に臨海を見たぞー。

ゴール映像といっても、栃木SCのゴールですのでお間違えなく・・・。
栃木SCってYouTubeに公式ページをもっているんですね。素晴らしい。日本のサッカークラブで見つけたのは初めてです。

 
あと、こちらに教えていただいた巻のニュース映像も見ました!

新聞記事はこれですね。

巻、試合のときと違ってほんとに穏やかな顔をしてるなー。
ちなみに最初にこのニュースタイトルを見て、『千葉巻』ってどんなお菓子なんだと思ったことは内緒・・・。

3 responses so far

07 27 2008

第19節 神戸 0-1 千葉

Published by under JEF United

J’s Goalの巻の写真、かっこいい・・・。

神戸戦、テキストで実況を追っていました。
なんつーか、きっとスタジアムで試合を見ている方が、きっと多少は気持ちが楽なんだと思います。映像がないので、残り時間があと少しになると、いろいろなことを想像して、胸が苦しくなります。

試合のハイライト映像だけは見ることができました。ありえないくらい、よく守ってましたね。
巻のゴールと、試合後のトラメガでの呼びかけには涙がでました・・・。
しかし、いいゴールだなあ。中島のスルーパスもすばらしいけど、巻のあんなゴールは久々に見たような気が。ちょっと、あのよかったころのトップフォームに戻ってきたと考えていいんですかね?

あー、でも、JOMOカップで怪我することのないよう、それだけは気を付けて・・・。

2 responses so far

07 24 2008

ニュースがいっぱい

Published by under JEF United

なんだかジェフ人事往来関係で山のようにニュースが。

まず一番驚いた楽山選手の期限付き移籍。
以下、すべて公式からの情報ですが、リンク先はJ’s Goalです。

楽山が移籍することはあまり想像したことがなかったので、ある意味、この移籍に彼の決意を強く感じます。もっと主体的にプレーするようになれば(プロとしての欲というか)、出場するチャンスも増えると思うので、がんばってほしいです。

そして竹田選手の移籍。頭の中ではずっと『会長』という名前で呼んでましたが・・・。はあ、またひとりユース出身者が移籍か。

ということで、最後に、ずいぶん前に姉崎で撮らせてもらった会長の写真を。

ファジアーノでがんばれ。将来はきっとFIFA会長になれよー。

あー、そして朴宗真も行ってしまう。なんかいろいろとさみしくなってきます。
 
次はおめでたいニュース。なんと、浩平が日本代表候補に選出!
父ちゃん、うれしくて涙が出らあ。

チーム状態のよくない時だけに、気分転換というのもおかしいですけど、違う環境に身を置くのも刺激になっていいと思います。いいものを吸収してクラブに持ち帰ってきてほしい。
 
んで、最後は巻。JOMOカップ選出のニュース。

んーと、とにかく怪我だけは気をつけて、あまりはりきりすぎないように・・・。あー、心配だなあ。

No responses yet

07 18 2008

ハイデュクの魂、ディナモへ

Published by under Europe Football,JEF United

個人的には、えええっ・・・という移籍なんですが。
ディナモ・ザグレブ公式にミルコ・フルゴヴィッチ選手移籍のニュースが掲載されています。

詳しくはきっとクロアチアニュースに掲載されると思うので、それを待ちたいと思います。

しかし、サポに『ハイデュクの魂』とまで言われたのに、よりによってディナモに行くかね。
ジェフに来る前の室内トーナメントでは、ディナモ相手に乱闘して、男気あるなあと思っていたのに。

あ、その前にジェフ公式に退団のお知らせって出ないんでしょうか・・・。

No responses yet

07 18 2008

オシム・インタビュー全文

Published by under Europe Football,JEF United

先週末にちょこっとだけ書いた、オーストリア紙のオシム・インタビュー全文です。

Q:調子はどうですか?
 
A:まあまあだね。そんなに早くはよくならない。まだ生きているのはラッキーだ。私はすでに向こう側まで行ってしまって、再び戻ってくるのはとても厳しい状態だった。手は具合がよくなくて、まだマヒが残っている。話すこと、考えること、記憶すること、すべてにおいて当然ながら苦しんでいる。
最初は自分の頭がだめになってしまったかのように感じた。だが、だんだんとよくなってきたよ。倒れる前に戻るには2年から3年はかかるだろう。
私がそんなにがまんできるかどうかわからないが。
 
Q:ピッチに立つことができないほどひどい発作だったのでしょうか?
 
A:それは私にとって一番重要なことだった。倒れるちょっと前の頃には私はまだピッチに立っていたからね。病院で意識を取り戻したとき、医者は私が監督としてもう働くことができないかもしれないと言った。もし、サッカーに生きている人間を罰したいと思ったら、彼に、この先そんな生活はできないよと言うことだろうね。
今は観客として試合に行き、それだけで楽しむことができるが、それは素晴らしいことだ。
 
Q:ヨーゼフ・ヒッケルスベルガーがユーロの後で辞任をしました。彼の決定を理解できますか?
 
A:ええ、もちろん。それは彼の性格をものがたっている。問題は、正しいタイミングで辞任を決めて行うということにある。もし正しい選択をしたなら、まだそこにある仕事に最も良い影響をあたえるだろう。
 
Q:オーストリアサッカー協会は現在、ヒッケルスベルガーの後任をさがしています。監督を海外から招聘するのは時間がかかるかもしれません。外国人の監督は自国の監督よりもよい解決策でしょうか?
 
A:それももちろんひとつの可能性だが、慎重にならなければいけない。多くの国で試みていて、すべてではないが、例えばイングランドのスヴェン・ゴラン・エリクソンやスコットランドのベルティ・フォクツは成功している。他ではギリシャのオットー・レーハーゲルもとてもうまく行っていた。ただ、彼は自国で監督をしていたという利点があって、選手をよく知っていた。
にもかかわらず、サッカーはどこでも同じだ。結局は、監督になる人間は、国籍よりもむしろカリスマ性なのだ。
 
Q:ユーロでのオーストリア代表のパフォーマンスをどう評価しますか?
 
A:チームがこの期間にとても良くプレーしたというのは素晴らしいことだ。彼らはものすごいプレッシャーがあっただろう。
だれもチームと監督を2年間ずっと批判しながら、それでも奇跡を待つということはできない。例えば、クロアチアとの試合の後半はとてもよかった。私でもイヴィツァ・ヴァスティッチを招集しただろうし、選手が何歳かだとか、他国から移住してきたなどは取るに足らないことだ。彼は良いに違いないのだから。付け加えると私ならマリオ・ハースを招集しただろう。私たちの問題がフォワードにあったのは明らかだった。
 
Q:もしあなたの健康が許すのであれば、この監督の仕事にひかれますか?
 
A:私はいつもそれは難しいと言ってきた。私はボスニアから来て、そこが私の故郷だ。ボスニアではしばらくの間、私が戻ってきて、グラーツにはとどまらないだろうとみんな考えていた。
しかし、私はオーストリアでなにかしら築き、成し遂げ、結局は帰らなかった。監督にはなりたくはない。なぜならボスニアの人を誰もがっかりさせたくないからね。
 
Q:昨シーズン、ラピド・ウィーンがリーグ優勝をしました。ザルツブルグはもっとたくさんの予算がありましたが。
 
A:お金でサッカーはできない。スター監督もそうだ。
 
Q:予算の少ない小さなクラブが成功するにはどうすればいいでしょうか?
 
A:うまくいくのは首尾一貫して働いているときだけだ。私がトレーニングでいつもやろうとしているのは、ゲームのシミュレーションをできるだけするということだ。いつも満員のスタジアムと同じ雰囲気ですることはできない。しかし、例えば、チームの一部を、次の対戦相手と同じようにプレーさせることはできる。トレーニングは変化に富んだものでなければならない。創造性と、リスクに対する勇気、哲学、アイデアを調整していかなければいけない。
 
Q:基本的には再び、クラブの監督をしたいですか?
 
A:ええ。私はもう一度、いつかベンチに座りたい。もしかしたら、ベンチで死ぬことになるだろう。
 
Q:あなたは一度、それはセンセーショナルだとおっしゃってましたね。
 
A:たぶんセンセーショナルなことだろう。でもなぜいけないのか?
私はどこでも死ぬ可能性がある。それならそれで、監督席での方がいいと思う。

No responses yet

07 17 2008

J1第17節 新潟 2-2 千葉

Published by under JEF United

新潟に行かれたみなさま、お疲れ様でした。本当に頭がさがります。
私もちょっとだけ、試合のハイライトを見ることができました。
谷澤のロングシュート、めちゃくちゃ惜しかったですね。ああいうロングシュートはこれからもどんどんねらってほしい。
巻のゴールと、青木良太の初ゴールもおめでとう。

あと、ちょっとうれしかった益山くんのリーグ戦初出場。(ナビスコには出てるんですよね?)
私の中では、ちばぎんでPKをはずしてべそをかいていた益山くんのイメージで止まっているので、次に見た時にはびっくりするくらいに、成長を続けてほしいです。

PKに関してはインタビューで、ミラー、ちょっと悔しそうでしたねえ。プレミアなら、試合後のインタビューで監督がぶち切れってとこでしょうけど(汗)

次の試合で後半戦。おもえば開幕戦のガンバ戦からずいぶん長い時間がたったような気がします。
新潟戦でのいいイメージを選手が次につなげてプレーできるよう願っています。
ジェフ、がんばれー。

No responses yet

07 12 2008

マリオがいれば・・・

Published by under JEF United

オシムのインタビューがオーストリア紙の『Standard』に掲載されています。

ユーロのオーストリア代表について聞かれ、ヴァスティッチの名前をあげて、年齢に関係なく良い選手を選ぶべきだと言い、また、チームとしてフォワードに問題を抱えていたのは明らかだったので、マリオ・ハースがいれば少しは違っただろうとも言っています。(わしもそう思う)

代表監督に外国人を招聘することについては、国籍よりも監督のカリスマ性が重要と述べ、また、予算の少ないクラブはどのようにすれば成功するかという問いに対しては、継続性が大切であり、トレーニングの多様性と、創造性、哲学、アイデアの必要性について語っています。

いかに飽きずに選手に練習をやらせるか・・・って、以前にベラミーが同じような練習をすると、選手は興味を失うことがある、というようなことを言っていた気がします。(あ、これだ、『ベラミーさんで浮上する』)

日々のトレーニングにいかに工夫と多様性を持たせるのかというのが、選手を活性化させる重要な部分でもあるんでしょうね。

オシムのインタビュー、すごく面白いのでもうちょっと細かく書きたいのですが、明日4時起きなのでもう寝なくちゃいけない・・・。
週があけて、要望があればもう少し細部も訳します。

では、おやすみなさい。

No responses yet

07 11 2008

ブラジェヴィッチ、BiH代表監督へ

Published by under JEF United

ボスニア・ヘルツェゴビナの代表監督にブラジェヴィッチが指名されました。

なかなかみんなの意見が一致せず、かなり長いディスカッションの後で決まったようですが、まあ、賢明な選択かなあと。候補にあがっていたアマルやZukanovićだとちょっと荷が重いかなという気もしていたので・・・。
しかし、これで、代表への参加をボイコットしている選手たちは、戻ってくるんでしょうかねえ。

アマルもこの先、経験をつめば、また代表監督の話も再びあるかもしれないですね。
いずれにしても、今のボスニア・ヘルツェゴビナ代表の状況は決してよくないので、今回は指名されなくてよかったような気がします。

No responses yet

07 06 2008

アマルは最有力候補

Published by under JEF United

ジェフ、ヴェルディに負けたんですね。
あちこちのレポートを読む限り、あまりいい状態ではないみたいですね。監督交代の劇薬が切れたのか、あるいは次へのステップへ進む前の小休止なのか。
キャンプが明けてから調子があがらないというのは、あまり良いサインではない気がします。
心配です・・・。

それとは別に、あいかわらず思い出の選手・監督コーナーな当ブログです。
とりあえず、どんなときもマイペース(汗)
 
7月10日にボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(N/FS BiH)でミーティングが開かれ、次期ボスニア・ヘルツェゴビナ代表監督が決定します。
アマルは最初、名前があがっているだけかと思ったら、どうも最終候補ふたりのうちのひとりになっているみたいです。

残っているのは元ユースの監督をしていたZukanovićとアマル。有力候補だったバズダレビッチは、グルノーブルが拒否しました。(そうだろうとは思っていましたが)

アマル、もし選ばれたとしたら、火中の栗を拾うのか!?
母国の代表監督なんて、素晴らしく名誉なことではありますが・・・。

No responses yet

07 03 2008

井上さんと大宮の新外国人選手

ナビスコ・対名古屋戦、負けちゃったんですね、ジェフ。ミラー体制になって初黒星か。
流れが傾かないうちにきっちりと勝ちたいですよね>次の試合。
 
ところで、ジェフサポの友人に教えてもらったのですが、ジェフの井上コーチ(あ、元コーチです)、大宮アルディージャの通訳に就任したんですね。
クラブからのお知らせなどはないようですが、スタッフのところにお名前が。

新しく獲得したラフリッチの通訳をなさるのでしょうか。
いつかまた現場の指導に戻る日が来ますように・・・。

で、大宮、いいなー、スロベニア人。
イヌゲノムにもありましたが、他のクラブに東欧系の外国人選手が来ると、私もついやられたー、と思ってしまいます(笑)
 
07/08シーズンは、なぜか縁があってデュースブルクの試合を2回見たのですが、そのどちらにも大宮の新外国人選手、クレメン・ラフリッチは途中から出場。
で、プレーを覚えているかというと・・・あのー、まったく記憶に残っていません。(←すみません、役立たずで。汗)

18試合で2得点はFWとしては物足りない成績ですが、昨シーズンのデュースブルクは、プレーするにはちょっとむずかしいチームだったと思います。
中盤とか、組み立てとか、クロスとかが貧弱で、(チームとして見たとき、一部で戦うにはかなり質が落ちる)、FWはほんとにひとりでなんでもできるようなスーパーな選手じゃないと、得点はあげにくかったんじゃないでしょうか。(イシアクはそう思うとよく10点もとったなー)

あと冬の移籍でニクレスクがやってきてからは出場機会がぐっと減り、契約の切れるのをめどに、シーズン終盤のころにはチームを出たいという意思表示をしていたみたいです。

スロベニア代表だと、もうひとりのFW、FCケルンのノヴァコヴィッチが来てくれたら、もっとわくてかできたのになあ。(なんてよそさまに注文つけてスミマセン)

ラフリッチが活躍すれば井上さんの出番も増えるかしら。
なんにせよ、ブンデス出身者がJリーグに増えるとちょっとうれしい。ジェフ戦以外でがんばってくださいね。

8 responses so far

« Prev - Next »